ごめんダサい…「ケバいし古臭い!」40代がいまだに使う目元コスメって?- 記事詳細|Infoseekニュース

せっかくメイクをしたのに「ケバいし、古臭い……」なんて思われるのは、かなり残念な展開。
ところが、メイク手法はトレンドでも、使っているコスメのせいで「ケバい」「古臭い」な印象を強めてしまうこともあるだけに、40代ともなるとコスメ選びにも気を抜けません。
「そういえば最近は、お気に入りコスメを何度もリピ買いしてるだけかも……」にお心当たりがある40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。
今回は、使うだけで「ケバいし古臭い!」と思われがちな40代女性にはデンジャラスなアイメイクコスメのお話です。
使うだけで「ケバい」「古臭い」を招きがちな40代のアイコスメ1:ラメ感が強いブラウンアイシャドウ
ブラウン系アイシャドウは、もはや多くの40代女性にとって「定番中の定番」とも言えるコスメのひとつですが、そこに「ラメ感が強い」の要素が入ってしまうと、一気にケバさや古臭さを醸し出してしまうのも否めません。
ここ数年は、ラメ入りコスメと言っても、パーティシーンにふさわしいようなグリッター感の強いものがトレンド入りしていて、デイリーメイクで使うブラウンでラメが強く主張していると、それだけで数年前のトレンドを引きずっている印象にも。
「歳をとったら、少し華やかにしないとね」と、あえてラメの強い発色を選んでいる場合であっても、周囲はそうは見てくれず「いつの流行?」と冷ややかな目を向けているリスクも大です。
使うだけで「ケバい」「古臭い」を招きがちな40代のアイコスメ2:発色が強いカラーアイライナー
昨年くらいまでは、やや強めな発色のカラフルアイライナーを使ったメイクもトレンドでしたが、令和元年の春夏は、そこまでポップな色使いをせずシックにまとめるアイメイクが主流です。
ブルーやグリーン、ピンクなどのビビッドな発色のアイライナーは、夏の気分を盛り上げてくれる存在になるのも確かだけれど、40代でこれ系のメイクをしてしまうと、周囲がギョッとしやすい傾向も否めず、です。
目もとは、一度派手にすると、なかなか引き算できないパーツでもありますが、ポップなアイラインのトレンドが去った今、まだポーチにインして愛用しているとなると、周囲からは痛いと思われているリスクが大です。
○○入りのマスカラ類は避けた方がいいかも……! 次ページ
使うだけで「ケバい」「古臭い」を招きがちな40代のアイコスメ3:繊維が入っているマスカラ
40代ともなると、自まつ毛が心細くなってきたことに、お心当たりがある人も決して少なくはないはず。
そうなるとマツエクをしようにもボリュームが出しにくくなりますし、どうにかして「フサフサまつ毛を回復したい!」と、下地やマスカラでフォローしたくなるものです。
そんなときに手を伸ばしがちなのが、繊維入りのマスカラ類。塗るだけで、自まつ毛をボリュームアップさせてくれる救世主的な存在で、数年前には爆発的なブームでもありました。
しかし、今どきは「いかにも人工的に盛ってます」なまつ毛は、トレンドから外れ、よりナチュラルな美しさを追求する仕上がりが旬。
それだけに、誰が見ても「いかにも足してます」が丸わかりな繊維系マスカラや下地で盛った目もとは「古い」「ケバい」と、ネガティブなイメージを加速させやすいのも傾向です。
きちんとメイクをしている顔が「ケバい」「古い」になってしまえば、無用なオバサンっぽさを感じさせる引き金にもなりがちです。
ポーチに入れて持ち歩くコスメのアップデートを怠っていたばかりに、まわりからのネガティブイメージを加速させないよう、お心当たりがあったかたはぜひこの機会に中身を見直してみて。
≪時短美容家 並木まきさんの他の記事をチェック!≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)